貸金業者では専業主婦の借り入れは難しい

仕事をもたない主婦でも、お金が必要なときって、ありますよね。家計のためだったり、子供のためだったり、自分のためだったり。

 

でも仕事をしない専業主婦の場合、貸金業法の総量規制がネックになります。総量規制とは、2010年に発足された法律で、年間所得の三分の一までしか借り入れることが出来ない、また配偶者の貸付に関しては、夫の所得証明や同意が必要、というものです。

 

でも、銀行系のカードローンであれば総量規制が適用されません。なぜなら、総量規制は貸金業法であって、消費者金融などは総量規制の対象となりますが、銀行法に基づいて営業している銀行は、総量規制の対象外となるのです。

 

ですので、専業主婦の方がカードローンを・・・となった場合、借りることができるのは銀行系のカードローンでだけ、となるのです。銀行系のカードローンを申し込む際にも、複数社のカードローンを一度に申し込むのがお勧めです。

 

一社ずつ申込みをして、もし審査に落ちてしまった場合、その結果が信用情報に載ってしまい、次に別のカードローンを申込みした際、条件が悪くなってしまうからです。複数者のカードローンを申込みをして、もしすべての審査に通ったとしても、借りなければ良いだけのことです。

 

銀行系カードローンでも、専業主婦の方の融資限度枠は別にあることが多いので、確認してから申込みをしましょう。

銀行の専業主婦OKのところを探してみる

貸金業者が無理なのであれば、銀行の借り入れはどうなのでしょうか。
貸金業法によるきつい縛りもありませんので、探してみると限度額の制限があっても専業主婦の借り入れを可能としているところもあります。